学生の部書道家の部団体の部個展の部

目次にもどる

koson-reki-1

          田 邊 古 邨 略 歴 

 

 

       本名 田邊萬平、号 古邨(別号 白茅)

 

       書道・漢学・短歌に多くの著作がある 

 

 

1903年(明治36年)  東京・神田錦町に生まれる。

              5歳にして、父三五郎(帝国議会開設時の衆議院議員)より ”書” を学び、漢文の素読を始める。

 

1932年(昭和7年)  28歳で高塚竹堂の門の入り、平安古筆の研鑽に励む。3年後の1935年、東方書道会展で最高賞を受賞

             する。その後、書道報国会常務理事、書道同文会総務庁・参与をつとめる。

1972年(昭和47年)  漢字仮名の用筆一元論を標榜する ”書道一元会” を設立し初代会長に就任する。

1980年(昭和55年)  逝 去(享年77歳)

 

       略  歴: 東京学芸大学名誉教授   青山学院大学講師   全日本書道教育研究会理事長

             国語問題協議会常任理事  東洋文化研究所長   書道一元会会長(初代)

 

       著  書: 論書賸語  書譜  書学捷要  書について  伊藤左千夫歌抄  いろは帖 

             歌書一元  他

   

 

ページのトップへ